鶯谷のサウナセンターで都内最古参のサウナ施設を楽しむ

ドラマ「サ道」のロケ地でもあり、都内で最も古い歴史を持つサウナ施設「サウナセンター大泉」が2018年7月5日より「サウナセンター」としてリニューアル。
サウナも水風呂も人数こそ入らないものの、6-7度に保たれているペンギンルームもあってそれぞれがとてもいい味を出している。
サウナ室前には水、麦茶、氷、塩とあってホスピタリティも抜群。
男性専用入浴施設だけど、定期的にレディースデイもあり。

サウナセンターの施設情報

施設名 サウナセンター
施設タイプ 温浴施設(スーパー銭湯・サウナ・スパ施設)
住所 東京都 台東区 下谷2-4-7
アクセス JR鶯谷駅南口より徒歩3分。 東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩3分。
駐車場
TEL 03-3876-0016
HP https://sauna-center.jp/
定休日 年中無休
営業時間 24時間営業
料金 平日(3時間) 1500円
入浴(8時間) 2000円
宿泊 3200円

サウナの特徴

サウナセンター公式サイトより

サウナは15人くらいの収容人数で、対流式(ストーン)のドライサウナ。テレビあり。温度は90度から95度くらい。
ロウリュウやアウフグースをしていない時間帯は対流式(ストーン)としては若干低めの湿度。
ちなみにアウフグースはかなり頻繁に開催中。
古い施設のはずだけど、清潔感もあってそこはかとなくオシャレ。
三段目でも奥行きがあってあぐらをかいて座りやすい。
伺ったのは深夜だったのでほぼ貸切状態。テレビの目の前の三段目であぐらをかいて座っていると3分ちょっとでじんわりといい感じに発汗。

水風呂の特徴

井戸水を使っているという水風呂は伺った時は14度くらいでしっかりと冷えていてキリッとしているため、体感温度は結構冷たく感じる。
アウフグースの後とかだったら実に気持ちいいはず。

休憩スポット(ととのいスペース)

水風呂前にベンチやととのい椅子が。そして、外気浴は浴場を出たところにあるので見落としがちなので要注意。
2人ほどしか入れないので、混雑時はなかなか座れないかも。

ペンギンルーム

また、ペンギンルームと呼ばれる6度くらいの部屋があってそこで内気浴を楽しむことも可能。
ととのい椅子の上に扇風機がついていて、オンにすると物凄く寒い。すかさずオフにしてゆっくりとここで休憩をすると、とても心地よく、外気浴よりも気持ちいいかも。

風呂

お風呂はバイブラがついていて詰めて8人入れるかどうかというところ。

サウナセンターのまとめ

  • 東京で最も歴史のあるサウナ施設で、老舗の実力を想い知れる
  • サウナは対流式のオーソドックスなドライサウナで、誰もが楽しめる。アウフグースも定期的に開催
  • カプセルホテルや食堂、休憩室も充実していて清掃も行き届いていて居心地の良さが抜群
ドラマ「サ道」のロケ地にもなり、都内で最も古いサウナ施設ながらも清掃が行き届いていて清潔感がある。
このサウナを嫌いな人はいないだろうと思われるオーソドックスなドライサウナと、切れ味の良い冷たい水風呂、そしてペンギンルームでしっかりトトノウことが可能。
最新情報をチェックしよう!