I

アウフグース

  • Uncategorized

アウフグースとは、サウナ室の中でロウリュをした後に、タオル等を振り回して空気を掻き回し、程よい熱風をかけて一気に汗を出やすくするサービスのこと。
日本ではロウリュと同意義に扱われることもあるが、ロウリュはサウナストーンに水を掛ける行為のことをいうので意味がちょっと異なる。

ドイツ生まれのアウフグース

サウナの本場であるフィンランドが発祥ではなく、ドイツが発祥。フィンランドでは静かにゆっくりとリラックスを目的としてサウナに入ることが多いのであまりアウフグースのようなことは行われないとのこと。
そのため、アウフグースもドイツ語で、「コーヒーなどを沸き出す」という意味。
ドイツではエンターテイメント性が高いサウナが多く、ミュージックサウナやライトアップされたりといったアトラクション的なサウナが多く、アロマ水をロウリュの水にかけるのも実はドイツ式

アウフグースを楽しもう

アウフグースを行うと一気にサウナ室の湿度が上がり、また湿度が上がった空気を掻き回すことで熱波を直接感じることで体感温度が一気に上昇。
普段のサウナとは違う心地よい爽快感を味わうことができる。
ただ、体感温度が非常に高いため、5分から10分くらいのアウフグースタイムでも最後まで粘れない人も多数。
無理をせずに熱くて耐えられないと感じたら、アウフグースの途中でも遠慮なく外に出ることをオススメする。
また、北欧やSKC等、非常に熱くなることで有名なアウフグースの場合、アウフグース前に通し水をする人で水風呂が満席になることも。
アウフグースをする人のことをアウフギーサーと呼び、最近ではフリーで色々な施設でアウフグースをするアウフギーサーも増えている。

最新情報をチェックしよう!