I

麦飯石

  • Uncategorized

麦飯石(ばくはんせき)とは、石英斑岩(結晶が大きい火成岩の一種)で、石英の斑晶が浮かぶ姿が麦飯に見えることから名付けられた。
粒状のものは水の濾過にも使われる。

麦飯石はサウナ室の壁等につかわてることが多く、よく言われているのが「遠赤外線を放出する」ということだが、麦飯石以外の石のほとんどが遠赤外線を同じように放出すことがわかっている。
よくある麦飯石サウナには「遠赤外線」「マイナスイオン」「空気清浄効果」が謳われていることが多い。確かにそういった効果はあるようだが、麦飯石だけが飛び抜けてそれらの機能を有しているわけではない。
だが、麦飯石はミネラル多く含み、薬石、漢方薬として治療に用いられることもあるため、なんらかの形で体に良い効果がありそうだとも言える。

最近ではサウナストーンに麦飯石が使われることもある。

最新情報をチェックしよう!