I

ロウリュ

  • Uncategorized

フィンランド語の LOYLY (ロゥリィみたいな発音)からきていて、「蒸気」という意味。
熱したサウナストーンに水をかけることで発生した蒸気がゆっくりと下降したしてきたもののことを指す。
ロウリュウと言われることもあるが、元々は老舗サウナメーカーのメトス(METOS)社が日本にロウリュの文化を根付かせようとしたが、フィンランド語のLOYLYは発音が難しいため、わかりやすく「ロウリュ」と名付けて日本に浸透した。

ロウリュには自分でロウリュを行えるセルフロウリュと、機械によってある一定の時間に自動的にロウリュが行われるオートロウリュがある。

そもそも日本のサウナは100度を超えるような高温低湿のドライサウナで、コンフォートサウナ(遠赤外線によるサウナストーンを必要としないサウナ)が多く、ロウリュの文化はあまりなかった。
最近では70度から95度くらいのサウナ室でロウリュが行われることにより、湿度を高くして体感温度を上げることで発汗を促すサウナが増えている。

またロウリュ時にはアロマ水が使われることが多く、アロマ水が使われるロウリュではアロマの香りが一気にサウナ室を包み込んで匂いでもロウリュを楽しむことができるようになっている。

ロウリュはフィンランド発祥の文化だが、ロウリュ後にタオル等で蒸気を含んだ空気を攪拌して熱波をサウナ室内に広げる行為はアウフグースと呼ばれ、ドイツが発祥の文化である。
フィンランドではアウフグースはあまり行われない。

最新情報をチェックしよう!