I

ととのい椅子

  • Uncategorized

サウナ→水風呂→休憩の休憩時に座る椅子のこと。
サウナー向けにととのい椅子が設置されている施設が多いが、古くからの銭湯を初めととのい椅子が設置されていない店舗も多数ある。
まざまなタイプのととのい椅子があるが、一般的には白いプラスチックの椅子が利用されることが多い。

水風呂の後にととのい椅子等で座って休憩することにより、いわゆるととのう(整う)ことができるため、ととのい椅子と呼ばれるようになった。
最近ではととのい椅子も多様化しており、インフィニティチェアと呼ばれる角度を調整できるものもある。


また、アディロンダックチェアと呼ばれる背もたれが高いところまであって頭までゆりかかれるタイプのととのい椅子も最近では人気。

もちろんととのい椅子があったほうがサウナーには嬉しいのは当たり前なのだが、どうしても椅子を置くスペースが取れない施設もあったりするため、安直にととのい椅子がない事をディスったりすることはしない方が良い。
また、アウフグース終了後等の人が一斉に動くイベントの場合はととのい椅子が奪い合いになって座れないこともある。
そういった場合は混雑していなければ洗い場の椅子で休憩をしたり、浴槽のふちに座ったりして休憩を取ろう。
※もちろん他のお客さんの迷惑にならないように。

最新情報をチェックしよう!